サクラファクトリー

盛岡の注文住宅 新築、リノベーション、エクステリア全般、お気軽にご相談下さい
TEL : 090-2603-9208 / FAX : 019-656-0149

ギャラリー



充填断熱と外張断熱をミックスしたW断熱

構造体の外側から断熱材を覆う『外張断熱』と柱や梁の間を断熱する『充填断熱』、この両方を組み合わせたW断熱により今まで外気に捨て続けてきた大切なエネルギーを住まいの内部に留めます。
充填断熱だけでは、断熱材が寸断せれてしまう柱や梁などの構造材が熱の通り道(ヒートブリッジ)になってしまいますが、外張りの断熱材が柱や梁をすっぽり包んでいるのでヒートブリッジを最小限に抑えます。



床下空間を有効に使える基礎断熱工法

サクラファクトリーの家は一般的な木造住宅の床断熱工法と違う基礎断熱工法を採用しています。 床下を暖房空間にいれることで床面温度を上げ冬場の快適なリビングを作り出すと共に部屋の温度を安定化させます。



接合部の形状をシンプルにして強度を保つ金物工法

柱と梁・土台の接合部を高い強度と精度の金物でつなぎ、一般的な在来構法より柱の欠損を少なくして優れた構造強度を保ちます。



メリットをミックスしたハイブリッド工法

在来軸組構法にツーバイフォー工法の特徴である面体構造を組み合わせたハイブリッド工法を採用しています。
外周面での気密性能の向上、断熱材に対する気流の遮断、壁剛性の向上などの利点があり、耐震性・省エネ・快適性においての、お客様の様々なご要望にお応えします。



トリプルガラスで高断熱

窓は壁の部分より家の内外の熱の移動が最もおきやすいポイントです。
断熱性や気密性を高めても窓やドアの性能が低いと熱が逃げたり、夏場には太陽のエネルギーが過剰に取得されてしまいます。そこで断熱性の高いトリプルサッシの標準仕様化・ガラス自体の遮熱性能の高いトリプルガラスの標準仕様化、遮熱デザインの提案をしております。



お問い合わせはこちら

  • TEL:090-2603-9208 / FAX:019-656-0149
  • メールフォームはこちら
  • スタッフブログ
  • Facebook